脱毛コラム

無駄毛処理の定番?カミソリ・毛抜き使用の注意点

カミソリで無駄毛処理を行う女性も、多いのではないでしょうか。カミソリは価格がリーズナブルで、購入しやすい点が魅力です。無駄毛が気になった時、自宅でサッと処理できる便利さから、選んでいる方もいるでしょう。


カミソリによる処理



ただ、手に取りやすいカミソリですが肌への刺激が強い、自己処理法と言われています。間違った方法で自己処理してしまうと、カミソリ負けや湿疹、赤み、毛穴の開きや色素沈着といった肌トラブルを引き起こしてしまうので、注意が必要です。


まず、カミソリはできるだけ新しいものを用意します。カミソリは数回使っただけでも、剃り味が悪くなってしまいます。剃り味の悪いカミソリだと綺麗に除毛できないだけでなく、何回も刃を滑らせてしまう事となり、肌ダメージが大きくなってしまうのです。


また、カミソリで除毛する前に1度、蒸しタオルで肌を温める事が効果的です。温める事によって毛穴が開き、無駄毛の根本から除毛しやすくなります。無駄毛も柔らかくなるので、剃り味もアップするのです。


除毛する際は、事前にシェービング剤をつけておきましょう。泡立てた石鹸をシェービング剤代わりにする方もいるようですが、石鹸だと肌が乾燥してしまいがちです。ですので、専用のシェービング剤を使う事がおすすめです。


除毛は逆さ剃りをしない事を、心がけましょう。より綺麗に除毛しようとして、ついつい逆さ剃りしてしまいがちですが、逆さ剃りをしてしまうと肌に必要な角質まで剥がれやすくなります。カミソリは無駄毛の流れに沿って、刃を滑らせるのがコツです。


除毛した後は1度、肌をクールダウンさせます。その後、ボディークリームなどで十分に潤いを足して、カミソリでの無駄毛処理は完了です。


このような方法で無駄毛処理を行えば、肌トラブルを起こしやすいカミソリであっても、比較的ダメージを受けずに除毛できます。できるだけ、肌に負担を与えないようにする事が、無駄毛処理には必要不可欠です。


毛抜きによる処理



無駄毛が目立つ素肌に対して、毛抜きで抜いて処理する場合は、複数の注意点に注意する必要があります。毛穴は雑菌が入りやすく、毛抜きで抜いた後に侵入を許してしまえば、炎症が発生する原因になります。


無駄毛を抜く前には、必ず石鹸等で肌を良く洗い、水滴を取り除いてから脱毛処理に入ります。また、無駄毛を抜く際に使用する道具も、殺菌や消毒を行う事が大切です。金属製の無駄毛抜きは、煮沸消毒が有効なので、お湯を沸かし熱湯の中で殺菌を行います。


一方、金属だけではなく樹脂も使われている毛抜きは、熱湯によって変形してしまうので、他の殺菌方法が必要になります。最も手軽に出来るのはアルコール消毒で、市販の消毒用エタノールを使う事が効果的です。消毒は無駄毛を抜いた後の肌にも必要で、毛抜きと同様に毛穴と周囲もひと拭きすると安心です。


しかし、肌がアルコールに弱い人もいるので、無駄毛処理を行う場合は、予めパッチテストを済ませておく事がおすすめです。大切なのは清潔な器具、綺麗な肌の状態で毛を抜き、無駄毛を取り除いた後もアフターケアを行う心構えになります。


ただ、入念な準備を行い無駄毛を抜いても、肌が赤くなったり炎症を経て腫れるケースもあります。毛抜きを使って抜く場合は、一度に広範囲を処理するのではなく、状態を見ながら少しずつ進める事がポイントです。


更に、毛を抜く痛みに我慢出来ないのであれば、力任せに抜かない点にも注意が必要といえます。毛の深さや太さには個人差があり、毛根が強い場合は抜く痛みが強まるので、無理しない事も考え方の一つになります。抜く度に痛みが走ったり、涙が出る程苦痛を感じるのであれば、抜く際のコツにも意識を向けると効果的です。


毛には生えている角度があり、どの毛も垂直に伸びているとは限らないので、良く観察しながら無理のない方向を見付ける事が役立ちます。流れに逆らわず抜く事が出来れば、気持良く抜ける事もあり、その場合は肌に負担を掛けないので痛みやダメージが軽く済みます。