富山コラム

エビ漁獲量トップの富山県!エビの美容、健康効果とは?

魚介類で一番好きなのがエビ!という方も多いでしょう。とんかつよりもエビフライ。カキフライよりエビフライだったりします。中華料理のエビマヨ、エビチリ、おそばやうどんに入っているメインディッシュ海老天、甘エビの刺し身もいいですね。


このエビの漁獲量トップの県が、実は、富山県だったりします。


富山は確かに漁業の町だけど、そんなにエビがとれるの?と思っちゃいますね。単純な漁獲量でいったら、北海道、静岡、愛媛など上の県がありますが、漁業就業人口1人あたりで考えると富山がダントツです。


漁業就業人口1人あたり0.41トン。2位の佐賀県が0.28トンなので、かなりの差があります。ちなみに、北海道は、0.10トンです。
※農林水産省の海面漁業生産統計調査より 2013年


日本全国のエビ漁獲量の総量は、19,363トン。これに対し、エビ輸入量は20.5万トン※2012年


日本産が約2万トンに対し、外国産が約20万トン。ほとんどの人が、輸入エビを食べているということですね。


味にあんまり差がなければどのエビでもいいわけで輸入品の安いのを選んじゃってますね。


ただ、富山湾のエビ、日本海のエビ、ときくとちょっと格上に感じます。北陸うまいものツアーなんてよくありますが、写真についているシラエビがたまらなく美味しそうなんですよね。一度食べに行きたいものです。


エビの美容、健康効果とは?


エビの美容、健康効果についてまとめます。エビって美味しいだけでなく、案外いろいろな効果があるんです。


●タンパク質
エビのメインの成分、たんぱく質です。免疫力を高める、疲労の回復を促す、滋養強壮...といろいろな効果があります。肌や髪の毛にも必要な成分です。


●ビタミンE
美容効果たっぷりのビタミンEも入っています。血行をよくして、ホルモンバランスを整える。抗酸化作用、デトックス効果。美肌のためにも最適です。


●タウリン
栄養ドリンクなどに入っているタウリンもエビの中に入っています。タウリンとは、アミノ酸の一種。肝臓の機能を高めることができます。代謝もあがるので、ダイエット中の人もいいでしょう。


●カルシウム
高血圧、動脈効果を防ぐことができます。


●キチン・キトサン
キチン・キトサン...聞いたことのない人もいるかもしれませんが、エビの殻の部分に多く含まれているもの。コレステロールを抑える効果、余分な脂分排出してくれる効果なんかがあります。


エビの殻は、ちょっと食べにくいので、食べ方に工夫が必要ですね。


●アミノ酸
肌の潤い、弾力のためにかかせないものといったら、コラーゲン。エビの栄養の中には、たくさんのアミノ酸が含まれていますが、コラーゲンの素になる成分が入っています。


ほかにもエビの栄養の中には、、太りづらくする効果や、余分な脂分を体に取り込まないようにする効果なんかもあります。エビさまさまですね。美味しくてこれだけ効果があればゆうことなしです。



最後に、エビと一緒に食べることで相乗効果がうまれる食材もあります。卵なんかそうです。卵といえば、コレステロール値が気になるものですが、エビは、そのコレステロールを抑えてくれるんです。見事なタッグです。天津飯をはじめ、味でもエビと卵はあいますからね。


他にピーマンと食べると美肌効果が上がるということもあります。